ミネラル

|温泉の成分として知られている硫黄は人の体内では、骨や軟骨、皮膚や爪、髪、腱に特に多く含まれてるミネラルです。

ミネラルで健康を維持しよう!

硫黄(S)


[スポンサードリンク]

硫黄(S:イオウ)は、人の体内の、骨や軟骨、皮膚や爪、髪、腱に特に多く含まれてる非金属のミネラルです。


硫黄(イオウ)はメチオニンやシスチン、システインといった必須アミノ酸の構成成分として、骨や軟骨、皮膚や爪、髪、腱をつくる働きの一端を担っています。


硫黄(イオウ)を含むアミノ酸のことを含流(がんりゅう)アミノ酸といいます。


たんぱく質の構成成分としてアミノ酸は欠かせないので、硫黄(イオウ)もたんぱく質の生成に欠かすことが出来ないといえます。


硫黄(イオウ)はビタミンB1やパントテン酸と結合して、糖質や脂質の代謝に関係する補酵素として働きます。


また鉛や水銀、ヒ素などの有害ミネラル(有害な無機質のこと)を体外へ排出し、蓄積するのを防いだり、抵抗力を高める効果や、肝臓の胆汁の分泌を助ける働きもあります。


硫黄(イオウ)が不足をすると、皮膚炎や肌荒れ、脱毛、爪が脆くなるなど、目に見える形で現れます。


また有害ミネラルに対する解毒作用も低下します。


硫黄(イオウ)はたんぱく質が豊富な食品を食べていれば、不足を招くことはありません。


また過剰症も特に無いため過剰摂取基準は定められていません。


硫黄(イオウ)が多く含まれている主な食品は、動物性の魚介類や肉類、卵と牛乳などの乳製品です。

[スポンサードリンク]