ミネラル

|ミネラルとしてのナトリウムは主に血液や体液に存在し、カリウムとともに浸透圧のバランスを調整します。

ミネラルで健康を維持しよう!

ナトリウム(Na)


[スポンサードリンク]

ナトリウム(Na)は、体内にナトリウムイオン(Na+)や塩化ナトリウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、リン酸ナトリウムとして体重の約0.15%ほど存在しているミネラルです。


ナトリウムは血液や細胞の体液の浸透圧の水分調整をしたり、筋肉や神経の刺激伝達にカリウムと一緒に関与しています。


細胞を見てみると、ナトリウムイオン(Na+)がほとんどが細胞外液中に存在し、カリウムイオン(K+)は細胞内液中に存在し、この比率が常に一定に保たれています。


細胞内にナトリウムイオンが増えると、ナトリウムイオンは外に出て、細胞外のカリウムが細胞内に取り込まれます。


過剰にナトリウムを摂取すると、細胞内にナトリウムイオンが増えて、このとき水分も一緒に細胞内に入ってくるので、細胞が膨張して、むくんでしまいます。


この膨張した細胞が血管を圧迫して、血管壁にかかる圧力が増えて、高血圧の原因になります。


さらにナトリウムには血管自体を収縮させる作用もあります。


ナトリウムは主に食塩から摂取されます。


食塩はナトリウムイオンと塩素イオンが結合したものです。


食塩はみそやしょうゆなどの調味料や、ほとんどの加工食品に含まれているので、日本人は不足することがほとんどありません。


寧ろ過剰摂取の心配をする必要があります。


しかし激しい運動などで大量の汗をかいた場合は、水分と一緒に塩分としてナトリウムが体外へ排出されているので、減少することもあります。


この場合は筋肉の痙攣やめまい、意識障害などになる場合があります。


逆に塩分を摂りすぎた場合、高血圧や動脈硬化、胃がんになる確率が上がります。


このようにならないために食塩を摂り過ぎない方法として、減塩の調味料を使ったり、ダシをしっかりとって味をつけることで塩分を抑えることです。


また酢やレモンなどの酸味の味付けにするなど、塩分の含まれてる調味料を使わないことが重要です。

[スポンサードリンク]