ミネラル

|生物に欠かすことのできないミネラルといえばモリブデンです。肝臓や腎臓で体内の老廃物である尿酸や有害物を分解する酵素の構成成分になります。

ミネラルで健康を維持しよう!

モリブデン(Mo)


[スポンサードリンク]

モリブデン(Mo)は、生物にとって欠かすことの出来ない金属のミネラルです。


特にマメ科の植物に欠かすことが出来ず、根粒菌が窒素を肥料となるアンモニア態にするために必要なニトロゲナーゼという酵素の構成成分となっています。


人体においてモリブデンは、肝臓や腎臓で体内の老廃物である尿酸や有害物を分解する酵素の構成成分になったり、炭水化物と脂質の代謝を助けています。


モリブデンが成分となる酵素には、尿酸を作るキサンチンオキシダーゼ、人体に有害なアルデヒドを分解するアルデヒドオキシダーゼ、有害な亜硫酸イオンを毒性の低い硫酸イオンにする亜硫酸オキシダーゼです。


モリブデンは鉄を身体が使うために必要な酵素の主要な構成成分となり、鉄の利用効率を上げ、鉄欠乏症性貧血を予防します。


通常の食生活では不足や過剰摂取はしませんが、欠乏すると貧血や尿酸代謝障害などが起こり、食道がんにもなりやすくなるといわれています。


また、過剰摂取を長い期間続けると関節に痛みが発生するという報告があります。


人体にはおよそ5mgが存在し、摂取すると1/3は肝臓に蓄積され、1/3は腎臓などのほかの臓器へ蓄積され、残りの1/3はすぐに体外へ排出されます。

[スポンサードリンク]