ミネラル

|カルシウムやリンとともに骨や歯を構成するミネラルはマグネシウムです。また多くの酵素の補酵素としての働きがあります。

ミネラルで健康を維持しよう!

マグネシウム(Mg)


[スポンサードリンク]

マグネシウム(Mg)は、カリウムに次いで細胞内に多く存在しており、体内に体重の約0.05%存在している金属のミネラルです。


マグネシウムの50〜60%はカルシウムやリンと共に骨や歯を構成する成分として、残りは筋肉や肝臓などの細胞内と細胞外液の血液としてたんぱく質と結合しています。


マグネシウムの重要な役割の一つが、リン酸マグネシウムとして骨や歯の強化や発育を促すことです。


もう一つのマグネシウムの重要な役割は300種類以上の酵素の働きを補酵素として助けることです。


エネルギー代謝やたんぱく質の合成にも関わりがあります。


マグネシウムマグネシウムイオンとして、カルシウムイオンやカリウムイオン、ナトリウムイオンの濃度調節に作用し、筋肉の収縮運動を正常にし、血圧の正常化と体温調節にも関与しています。


また、神経の刺激を伝達を抑制することにより、神経の興奮を抑えます。


毎日のマグネシウムとカルシウムの摂取の割合は、マグネシウムが10に対してカルシウムは2〜3がバランスが取れているとされています。


マグネシウムが不足すると、不整脈や動脈硬化、心疾患、血圧上昇がおこり易くなります。


普通の食生活を送っていれば、マグネシウムが不足することはありませんが、リンが多く含まれる加工食品や、大量のアルコールによる利尿作用により、不足することがあります。


マグネシウムを摂りすぎると下痢を起こしますが、腸管での吸収量が調節されるので、あまり心配は要りません。

[スポンサードリンク]