ミネラル

|赤血球の成分ヘモグロビンに含まれるミネラルといえば鉄です。全身に酸素を送るために必要な存在です。

ミネラルで健康を維持しよう!

鉄(Fe)


[スポンサードリンク]

(Fe)は、体内に体重の約0.005%存在している金属のミネラルです。


これは成人の身体におよそ2〜4gのが存在していることになります。


そのうち70%近くは「機能」といい、赤血球の成分であるヘモグロビンに含まれます。


ヘモグロビンに含まれるに、酸素がくっ付き、全身に酸素を運びます。


残りの30%のは、肝臓や脾臓(ひぞう)、骨髄などに蓄えられる「貯蔵」です。


貯蔵は、体内の機能が不足したときに利用されます。


機能が不足して、さらに貯蔵も無くなると、貧血症状があらわれ、欠乏症性貧血になります。


この欠乏症性貧血は、月経のある女性に多くみられ、全体の5〜10%ほどいるとされています。


また、この時期の女性は機能が不足している状態の潜在的欠乏である場合が多く、その数は全体の1/2〜1/3にも及ぶといわれています。


分不足の症状は、めまい、貧血、倦怠感、動悸、食欲不振、頭痛などです。


が不足する傾向にある人は、月経がある女性や、子宮筋腫、胃がん、胃や十二指腸潰瘍、痔などを患っている方たちです。


は人体に吸収されにくいので、通常の食生活で過剰になることはまずありません。


しかし、含有のサプリメントを過剰に摂取したり、が多く含まれるビールを長い間飲み続けると、肝臓に障害が発生します。


成人では、沈着症が起こり、小児では中毒を引き起こしてしまいます。

[スポンサードリンク]