ミネラル

|代謝を維持する役割があるミネラルはクロムです。インスリンと共に糖尿の予防に効果がありますが、歳をとると体内のクロム量は減少していきます。

ミネラルで健康を維持しよう!

クロム(Cr)


[スポンサードリンク]

クロム(Cr)は、色鮮やかな金属のミネラルです。


クロムは、糖質や脂質の代謝、コレステロールの代謝、結合組織の代謝、たんぱく質の代謝を維持する役割を果たしています。


食品から摂取した糖質はブドウ糖となって、すい臓から分泌されるインスリンにより分解され、エネルギーとして使われます。


クロムはインスリンと一緒に働いて糖の代謝を高める作用があり、糖尿病を予防します。


体内のクロムが減少すると糖尿病にかかりやすくなります。


また脂質の代謝を高める働きにより、動脈硬化や高血圧を予防します。


クロムは人体におよそ2mgが存在し、体内の各組織の肝臓、腎臓、すい臓、血液中などに分布しています。


細胞内では核内に多く存在している特長があります。


体内に存在するクロムの量は、食生活や環境に影響されやすく、住んでる地域によって大きな差があります。


体内のクロムの量は、年齢を重ねるにしたがい減少していきます。


クロムは多くの食品に含まれ、必要な量も微量なため、普通の食生活ではまず不足しません。


またクロムの上限摂取量は定められていませんが、過剰摂取を続けると、嘔吐や下痢などの症状が起こる可能性はあります。

[スポンサードリンク]