ミネラル

|人体に一番多く含まれているミネラルといえばカルシウムです。99%が骨や歯の成分となっています。乳製品や豆類、海藻・藻類などの食材に多く含まれています。

ミネラルで健康を維持しよう!

カルシウム(Ca)


[スポンサードリンク]

カルシウム(Ca)は人を構成する成分の1.5%を占めているミネラルです。


これは体重の1.5%のカルシウムが体内に存在していることになります。


体内に存在するカルシウムの99%は骨や歯の成分となっている「貯蔵カルシウム」で、0.9%は筋肉や神経内、0.1%は血液中に存在する「機能カルシウム」です。


貯蔵カルシウムと機能カルシウムは相互関係にあり、機能カルシウム(血液中に存在するカルシウム)が不足をすると貯蔵カルシウムからカルシウムが放出され、血液中のカルシウム濃度を一定に保ちます。


普通、骨密度は20歳をピークに減少するので、密度の高い強い骨をつくるには20歳までの食事や運動が重要になります。


しかし20歳以降の骨の強度を保つためにカルシウムの摂取は一生欠かすことができません。


カルシウムは小腸などで吸収されますが、そのときにビタミンDが欠かせません。


ビタミンDが不足をすると、カルシウムを効率的に運用できなくなり、さらに酷くなるとカルシウムの吸収と代謝が出来なくなります。


カルシウムが不足すると、骨折しやすくなり、骨粗しょう症や骨軟化症を引き起こします。


このほかに、精神的な障害(イライラ、うつ病、認知症)の原因になり、また肩こりや腰痛、筋肉の痙攣、心不全が起こしやすくなります。


高血圧や動脈硬化の原因にもなるでしょう。


閉経後の女性は骨代謝を促進するエストロゲンが減少し、骨が弱くなるので、カルシウムの摂取に注意が必要です。


カルシウムの吸収にビタミンDが必要と先に述べましたが、リンも必要です。


カルシウムが骨や歯になるときに、リンと結合しリン酸カルシウムとなるためです。


しかしリンを多く摂り過ぎるとカルシウムの吸収を妨げるので、両者を同じ割合摂ることが最も良いとされています。


カルシウムの一日の摂取基準量は成人男性650mg、成人女性600mgです。


上限は共に2,300mgとされています。


カルシウムが多く含まれてる食品はチーズなどの乳製品や、豆類の豆腐など、のりやひじき、昆布などの藻類です。


勿論丸ごと食べることが出来る魚介類も多く含み、青菜の野菜にも多く含まれています。


<水がなくてもOK!>

お徳用カルシウム(約3ヶ月分)


海の恵み『ホタテの貝殻』のカルシウムを使用。
お子様も飲みやすいチュアブルタイプ。


小売希望価格3,900円
特別価格1,500円(税込)

>>公式サイトはこちら

[スポンサードリンク]