ミネラル

|人体を構成する4%の元素がミネラルです。微量ですが、生命活動にとって重要な役割を担っています。

ミネラルで健康を維持しよう!

ミネラルについて


[スポンサードリンク]

人の身体を構成している物質を元素であらわすと、もっとも多い元素が酸素(O)で、約65%を占め、炭素(C)18%、水素(H)10%、窒素(N)3%と続きます。


この4種類の元素だけで身体の96%を構成しています。


これら4つの元素を主要元素といい、たんぱく質と脂質、炭水化物の主な成分です。


そしてこれら4つの主要元素以外の残り4%の元素をミネラル(または無機質)と呼んでいます。


主なミネラルには、カルシウム(Ca)、リン(P)、硫黄(S)、カリウム(K)、ナトリウム(Na)、塩素(Cl)、マグネシウム(Mg)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、マンガン(Mn)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、クロム(Cr)です。


カルシウムとリンが特に多く、それぞれ1.5%と1.0%になります。


この二つ以外のミネラルは合わせても1.5%しかありません。


ミネラル(Mineral)】


もともと鉱物という意味。


食品を焼却したあとに残った灰の中に多く含まれているので「灰分(かいぶん)」とも呼ぶ。


また無機質ともいう。

[スポンサードリンク]